違いを知っておこう

young girl smiling

今回はガールズバーとキャバクラでは一体どのように違ってくるのか?という話をさらに詳しく伝えていきましょう。トップでもお伝えしましたがこの二つは結局お客さんとお酒を楽しく飲むという点ではしっかりと共通しております。ただ逆に言えば共通点はそれだけです。他はまったく違うシステムとなっているので、もはや全然違う種類の水商売になると言っても過言ではありません。まずお客さんとお酒を飲む際に、キャバクラだったら当たり前のようにお客さんの隣に座ることになりますが、ガールズバーではそのようなことに絶対なりません。一応ガールズバーはバーという形で営業していますので、お客さんと話すときも当然カウンターの中から話しかけることになります。カウンターの外を出て会話することはまずないでしょう。ただし、店内においてダーツをしたりする場合に限り、カウンターの外でコミュニケーションを取ることになります。続いてもっとも大きな違いだといえるのがずばり指名制度です。キャバクラは指名されないと収入を大きく上げることができませんが、ガールズバーは指名制度がそもそもありません。ただ一応歩合制もありますので、がんばれば通常の時給だけではなくプラスでお金を稼ぐことは可能です。つまりキャバ嬢になる方が収入自体はたくさんアップさせることができますが、指名制度がないガールズバーの方が他人と競争するといったことがないので、マイペースに仕事をすることが可能です。あまり人と争うような環境が好きじゃないなら、断然ガールズバーでまったりと働いてもらう方が良いでしょう。だからこそガールズバーの方が圧倒的にどんな人にとっても働きやすくなっているのです。